基本DATA表示画面

ヘルプ
この記事は約6分で読めます。

目次

包袋検索直後か、サブメニューで基本DATAをクリック

タブメニューで検索や、検索2を行った後、包袋を選択して更新をクリックすると、この基本DATAの編集画面が表示されます。

包袋の編集画面では、この包袋を3つに分けて編集します。それが、基本DATAの編集画面、人的DATAの編集画面、商標DATAの編集画面です。

表示されている項目のそれぞれは、名称で示されるとおりなので、説明は省略します。

整理番号とステータス表示欄

整理番号が表示されます。それ以外の表示は特に気にする必要はありません。システム管理上、表示させておきたいものです。

グレーの表示は、気にしなくて良いところ、あるいはあまり入力しない項目を示しています。

整理番号の前に、赤字で、期限管理対象外と表示されることがあります。これは、最終処分が入力されている案件です。期限管理の対象となりません。最終処分はあったものでも、何かしらの理由で期限管理の対象にさせたいのであれば、最終処分の欄を空欄にしてください。

公報取得と、WEB検索

願番か公開番号が入力されていれば、J-PlatPatの文字をクリックすると、特許庁のWEB画面で公報を表示させることができます。

特許庁のWEB画面で最初に表示されるのは特許の検索結果なので、意匠や商標ですと0件と表示されることがありますのでご注意ください。意匠、商標のタブがありますので、そちらで切り替えると公報が表示されます。

グーグルなどでも、同じく願番か公開番号でWEB検索できるようになっています。

通常入力欄

背景がクリーム色の入力欄は、普通に入力するところです。日付の場合は、クリックするとカレンダーが表示され、カレンダーの中の日付をクリックすることで、入力され、カレンダーは消えます。カレンダーが消えない場合は、上段に表示されている「X」マークをクリックします。

入力補助機能

入力補助の機能がいくつか用意されています。ここにあるボタンは、典型的な入力内容を自動的に入力してくれるものです。クリックする毎に、候補がいくつか表示されてきます。できるだけ、ここではクリックして表示させてください。そうすることで、日本を入力したいときに、「日本」と入力したり、「JP」と入力したり、「JP」と入力したりという、ちぐはぐな状態が生じないようにすることができるからです。該当するものがない場合などは、自由に入力して構いませんが、後々に検索する対象となることを考えて、常に同じ単語を使うようにしてください。

案送付期限は、自由に期限設定できます

案送付期限は、出願の受任であれば明細書案の送付期限、中間処理であれば意見書案・補正書案の送付期限などを設定することが想定されています。

案送付期限は他にはない特徴があります。他の期限は、何らかの応答期間などのため、自由に設定できません。案送付期限だけは、自由に設定できますので、案送付の期限以外にも、期限管理しておきたいことがあれば設定しておくことで、忘れることを防げます。

案送付をしたら、送付日を記入してください。送付日を記入するまでは期限管理の対象となっており、送付日を記入することで期限管理から外れます。

入力画面の続き

オレンジ色の項目

出願日のように、オレンジ色で表示されている項目は、分かっている限りは入力してください。期限設定などの際に、データとして反映される項目なのです。例えば、出願日と法域が入力されていないと、優先権主張期限を自動設定できません。出願日だけからでは、自動設定できないということも留意してください。また、登録査定日(特許査定日を含みます)も、年金の期限計算の場合に必要です。初年度の期限の計算に必要になります。

自動整形

願番の表記を統一するのは、大変なので、自動整形機能を付けています。「特許願2022-123」と入力しても「特願2022-000123」と整形します。数字とハイフンは半角で入力してください。それ以外の部分は、まあまあ整形できます。

公開番号も同じです。

緑色の項目

緑色の部分は、自動計算される対象になっています。

入力補助機能で濃い茶色の背景

入力補助機能の付いている部分でも、無ければ自由に入力して良い部分が殆どです。しかし、ここで示す部分では、必ずボタンをクリックして現れるものだけを入力してください。「不要」なのか「必要」なのか、空欄なのかを、プログラムで判断しています。「なし」とか、「あり」では、意味が同じであっても機能しません。

入力画面の続き

代理人事務所の識別番号も必要

案件毎に常に入力しなければなりません。なぜかと思われるでしょうが、企業様ユーザーが、代理人事務所に入力を依頼するケースがあるからです。その場合に、識別番号で一致するものだけを閲覧/編集できるようになっています。

識別番号は、自動取込機能を使えば自動的に入力できるので、あまり気にする必要はありません。

最終処分はここです

最終処分の入力は、包袋のステータスを知るだけでなく、期限管理の対象とするか否かを判断する重要なデータです。期限管理の対象にしておくなら、空欄にしておいてください。

必要であれば、備考欄を利用して、記入することをお薦めしています。

入力画面の続き

特殊な期限

特殊な期限と呼んでいるのは、登録後の分割出願及び補正、分割出願後の審査請求期限、拒絶査定後の拒絶査定不服審判請求期限、特許から実用および実用から特許への変更出願の期限です。

また、ユーザーが自由に設定できるユーザー設定期限1とユーザー設定期限2です。

登録後の分割出願及び補正など

設定するためには、基本DATAの編集画面の一番下の辺りにある{特殊な期限の設定処理}ボタンをクリックしてください。

いずれもデフォルトでは期限管理しないように「不要」を表示させていますから、期限管理させたいときに{不要欄設定}ボタンをクリックして「必要」を表示させておいてください。

それぞれの期限は自動設定されます。実際に行ったら提出日を設定してください。以降は期限管理で表示されなくなります。

ユーザー期限

リクエストがありましたので、追加しました。ユーザー毎に期限を設定して期限管理されたいことがあると思われます。ここに期限を設定しておくことで、期限管理の対象となります。

期限管理として表示できるのは、「ユーザー設定期限1」と「ユーザー設定期限2」となります。「内容」はリストに表示されません。恐れ入りますが、期限管理されたリストを見て、ユーザー設定期限の横にある{更新}をクリックし包袋を表示させ、基本DATA→特殊な期限の設定処理、をクリックして、内容を確認してください。

期限は、ユーザーがご自身で設定してください。自動設定はできません。

提出日とあるのは、予定していたことを実施した日です。提出日を設定することで、以降、期限管理の対象から外れます。

タイトルとURLをコピーしました